アパート経営で得られる大きな4つのメリットを知っておくとより興味が持てるようになります

アパート経営には4つのメリットがあります。不動産投資の種類としてたくさんありますが、そのなかでも魅力的な銘柄になっていますので、このメリットを感じた場合検討してみると良いでしょう。

■土地という資産が残る
アパート一棟と土地を所有することになりますので、ふたつの資産を持つことができます。老朽化によって価値がなくなったり、災害によって損害を受けたとしても、土地だけは必ず残りますので、アパート経営最大のメリットになるでしょう。

■家賃0円になるリスクを避けることが可能
一棟を購入することになりますので、家賃0円になることを避けることができます。区分型マンションとなると、入居者が居なくなれば家賃0円になってしまいます。空室のリスクを避けることが不動産投資には大切ですので、リスク軽減としても優秀になることがわかるでしょう。

■節税対策として優秀
相続税と贈与税の課税額は建物に50~60%、賃貸の場合は30%、そして土地となると公示地価から80%もの控除を受けることができます。土地があるアパート経営だからこそ、節税対策として有能です。現金よりも3分の1の評価になることから、不動産投資をしていることのメリットを感じることができるはずです。

■高利回りが計算できる
基本的にマンション経営と比較すると、高利回りになりやすいのがアパート経営です。新築になると5%、中古は8%前後になりますので、高利回りを計算することができます。

■アパート経営のメリット
これら4つがアパート経営の最大メリットです。土地があるゆえに、大きな恩恵を得られる投資になりますので、資金に余裕がある場合は、マンション経営よりもアパート経営を選ぶことをおすすめします。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ