アパート経営は収入がなくなることを想定することが大切

不動産投資でもっとも恐れなければならないことは、入居者が誰もいないことで、収入がなくなってしまうことです。融資を受けるためにローンも組んでいますので、返済が滞ることになり、投資の危機を迎えることにもなるでしょう。そのようなことを想定することも大切です。

■アパート経営で想定される収入減
一棟を購入するのがアパート経営になりますので、数部屋から収入を受け取ることができることがメリットです。それにも関わらず収入0円になることも。想定されることとして、周辺の学校や工場が閉鎖したことによって起きることがあります。不動産投資会社の話としては、安定した収入を得られることで紹介されたはずですが、時代の流れにはなかなか逆らえません。

このようなケースで収入がなくなることもあります。また災害もひとつのリスクになるでしょう。特に地震が多いのが日本ですので、アパート経営をしている人だけではなく不動産投資をしているすべての人に共通したリスクになっています。

■保証制度で対抗を
ただ家賃がなくなった場合、保証制度があります。時代や災害には逆らうことができませんので、念のために入っておくことをおすすめします。収入がなくなってしまえば、ローンも支払えなくなり、最終的は手放さないといけないことも。ただそのような環境になると、買い手もつかなくなります。

念には念を入れて家賃保証制度の加入はしておきましょう。

■そうならないためにどうするか?
家賃保証制度に加入するのもひとつの対策ですが、リスク要因を確認して、そのような物件を購入しないことが大切です。どんなに安定している物件と言っても何が起きるのかわかりません。せめて想定されるリスクだけは、確認しておきましょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ