面倒な賃貸管理は他に任せて楽々にアパート経営ができる

融資を受けることが決定した、良い物件を不動産投資会社からアドバイスを貰えた、いよいよアパート経営を始めることができる段階になる前に、必ずチェックしておきたい事があります。入居者の管理って誰がするの?ここにも着目しておきましょう。

■賃貸管理は委託することが多い
家賃の管理や設備の保全と修繕、そして住民同士のトラブルなど、賃貸管理は面倒なことが多いです。そのような管理を、一括して不動産管理会社に任せることができます。

アパート経営をしている人の多くが、委託していることが多いです。かなり面倒な管理になりますので、ここは経験豊富な不動産管理会社に任せておきましょう。

■自分ですることのデメリット
自分ですれば無駄が出費がなくなりますが、賃貸管理は意外に面倒なことが多いです、家賃の振込確認や、設備の修繕が必要になったときの手続き、またもっとも面倒なことになるのが住民同士のトラブルです。

自分ですることに嫌気がさすほど面倒になりますので、あまりおすすめできません。

■良い不動産管理会社を選ぶこと
仮に委託していた不動産管理会社が倒産してしまうようなことがあれば、家賃や敷金礼金の回収などできなくなります。そうするとアパート経営自体悪化を辿ることにもなり兼ねません。

信頼できる不動産管理会社を選ぶことが必要です。資本金や従業員の数の多さ、また地域に密着しているなどの点も見ていると、今後のアパート経営にも弾みがつくでしょう。

■煩わしい賃貸管理は任せよう
基本賃貸管理は、不動産管理会社に任せてください。経営者としては収入が入るのを待つだけというのが、煩わしくないアパート経営になるでしょう。

最近は投資のアドバイスから賃貸管理も一緒にしてくれる不動産投資会社もあります。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ